和菓子のご紹介

和菓子のご紹介 和菓子のご紹介
スポンサーリンク
和菓子のご紹介

【源吉兆庵】 秋の風情を感じる「うさぎさん」、今年の十五夜は9月10日! |(東京・銀座)

つい先日まで猛暑が続きひんやりした和菓子を求めていましたが、気づけば季節はすっかり秋になりました。 9月に入るとお月見がやってきます。 買い物中、和菓子コーナーで “うさぎのおまんじゅう” を見かけ、十五夜を思い出しました。 あまり
和菓子のご紹介

【大極殿本舗】 夏限定!連なるレモンがレースのような寒天「レースかん」 |(京都・中京区)

毎日うだるような暑さが続きますが、少しでも爽やかな気持ちで夏を乗り切りたい!と思い、京都から夏の和菓子をお取り寄せしました。 大極殿本舗だいごくでんほんぽさんの夏季限定 “レースかん”はメディアに取り上げられるほど大人気の商品です。
2022.09.12
和菓子のご紹介

【湖月堂】 ひと皿に6月の魅力があつまった、初夏の干菓子 | (福岡・北九州)

福岡県北九州市に本店を構える湖月堂さんは、栗饅頭やぎおん太鼓が人気の和菓子屋さん。 馴染みのある定番和菓子を求めて本店に遊びに行ったのですが、目に飛び込んできたのは梅雨のジメジメを忘れさせてくれるようなパッと鮮やかなお干菓子でした。
和菓子のご紹介

【菅屋】 地元で人気、初夏の訪れを感じる 求肥たっぷりの若鮎 (兵庫・宝塚)

優雅で伝統のある街、兵庫県宝塚市。 そんな宝塚で地元の方に大人気の「菅屋」さんはいつも開店時に行列ができお客さんが後をたちません。 5月に入ると暦の上ではもう夏。 初夏の訪れを感じる“若鮎”のお菓子が店頭に並びはじめました。夏
2022.06.24
和菓子のご紹介

【鈴懸】ひと口サイズの“鈴乃最中”と“鈴乃○餅”、手土産には大人気の「○すず籠」で喜ばれること間違いなし! | (福岡・博多区)

福岡県博多区に本店を構える鈴懸すずかけさん。創業は1923年、県内だけでなく周辺エリアからも人気を集める人気の老舗和菓子屋さんです。 なかでも一口サイズでパクパク食べられてしまう「鈴乃最中」と「鈴乃○えん餅」の人気は大変高いです。
2022.07.17
和菓子のご紹介

【三英堂】 松江独特のしののめづくりで作られた「日の出前」 庭園日本一  足立美術館の茶席菓子 |(島根・松江)

島根県松江市は「散策すれば和菓子屋がある」とされるほど京都・金沢にならぶ人気の和菓子処です。 三英堂さんの松江独特の『しののめづくり』と言う手間をかけた製造方法で作られた、伝統銘菓の“日の出前”。 日本一美しい庭園 19年連続
2022.06.24
和菓子のご紹介

【三英堂】 日持ちも5日! 老舗和菓子屋のお正月に食べたい生菓子〈4種 〉 |(島根・松江)

京都や金沢と並ぶ和菓子処、島根県松江市に創業100年を超える老舗和菓子屋の『三英堂』さんがあります。松江市の本店と、県内にも他3店舗お店を構えていらっしゃます。 松江三大銘菓を取り揃える和菓子屋の、お正月ならではの生菓子をお取り寄せ
2022.06.24
和菓子のご紹介

【とらや】 定番商品の羊羹 5種から「夜の梅」「おもかげ」「新緑」を食べ比べ、寅年限定パッケージ |(東京・赤坂)

とらやの定番商品といえば羊羹を思い浮かべますよね。とらやの羊羹の大きさは3タイプあり、小形・中形・竹皮包みにされた大形のものなど、用途に合わせて選びやすい展開となっています。 通年販売される5種類の味の中から、小形羊羹を少しずつ楽し
2022.06.24
和菓子のご紹介

【末富】 クリスマス限定ツリーキントン、洋菓子にまけない京菓子の魅力|(京都・下京区)

四季折々の美しい和菓子がたくさん溢れる老舗和菓子屋の「末富」さん。 12月も半ばに入ると、ずいぶん慌ただしい気持ちになってきます。 そんなクリスマスシーズンに、ほっと和むツリーの和菓子を見つけました。 クリスマス限定で、大人も
2022.06.06
和菓子のご紹介

【かん袋】 日本の和菓子屋 創業年数 第5位! 700年の歴史ある絶品「くるみ餅」をぜひ一度 |(大阪・堺)

大阪府堺市は“千利休のふるさと”として知られ、古くから地元の方に親しまれる和菓子屋さんが多く立ち並んでいます。 堺市の新在家しんざいけ町にお店をかまえる『かん袋』さんは、なんと創業1329年! 開店以来700年も活躍し続け、日本の和
2022.06.07
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました