【越乃雪本舗 大和屋】 日本三大銘菓、越後の甘い新雪をあじわう |(新潟・長岡)

和菓子のご紹介
スポンサーリンク
スポンサーリンク

越乃雪

穢れのない真っ白さ。 まさに今降り積もったかのような、新雪を思わせる。

まるで新潟にやって来たかのよう。

さらさらと、はらはらと、ほどけそうな越乃雪。 やさしくつまみ、ひとつ口の中に入れてみる。

深く積もった雪を踏みしめたとき “きゅっ” と音がする。

その感触を、そのまま口の中で愉しめる。

越乃雪はあっというまにほどけ、口いっぱいに雪が広がっていく。

「あぁ、この辺りにも雪がつもったことがあったな。」

ちょうど大寒の季節に、そんなことを思い浮かべながらいただく抹茶は、まさに今の冬の寒さを味わう贅沢な時間。

なんとなく越後と親しまれた時代に、思いを馳せてみる。


越乃雪本舗 大和屋

創業1778年。 長岡藩九大藩主、牧野忠精公が病に伏したとき、献上したところ食が進み、病がなおった。

忠精公はたいそう喜ばれ『越乃雪』と名付け、長岡藩の御用菓子となり越後の銘菓として珍重されている。

240年変わらない原材料に、阿波の和三盆・越後の餅米の粉を使用し、その触感は食べたら分かるほど個性があります。

また越後長岡の空気が含む「しとり(水分・湿気)」が加わることで、他にない口溶けが生まれているとのこと。

価格:1994円(税込) 24個入
日持ち:20日ほど
販売期間:通年
越乃雪 | YAMATOYA

お店情報

住所:〒940-0072 新潟県長岡市柳原町3−3

電話:0258353533

営業時間:9時00分~17時30分

定休日:日曜日


▼関連記事

【とらや】 雪がほどけるような感覚を味わえる、冬季限定の「雪紅梅」 |(東京・赤坂)↗

【三英堂】 松江独特のしののめづくりで作られた「日の出前」 庭園日本一  足立美術館の茶席菓子 |(島根・松江)↗

【御座候】 お正月限定 袋入「晴 つぶあん」を使って、超時短で美味しい ぜんざい作り |(兵庫・姫路)↗

コメント

タイトルとURLをコピーしました