【大寺餅河合堂】 あの与謝野晶子が愛した「あんころ餅」と、 羽二重がはみ出るもちもち最中」 |(大阪・堺)

和菓子のご紹介
スポンサーリンク

創業1596年、400年余の老舗和菓子屋の看板商品は、店名にもある大寺餅(あんころ餅)。

堺出身の与謝野晶子は、こちらのあんころ餅をこよなく愛したそうです。

文学史に革命を起こした与謝野晶子が愛したおいしい和菓子を、食べないわけにはいかない!!とまたまた、堺の和菓子を求めてお出かけしてみました。

【堺市の和菓子】 千利休のふるさと堺市、阪堺路面電車でのんびり和菓子屋をめぐる旅!  〈7店舗ご紹介〉
千利休のふるさとである堺市はかつて貿易で栄え、技術の発信地でもあり大変歴史の深い街です。  そんな堺には、茶の湯の世界に欠かせない老舗の和菓子屋が、路面電車の走る沿線沿いにた〜くさん存在しています。今回の記事は『和菓子』や『茶の湯

スポンサーリンク

大寺餅河合堂

路面電車が走る阪堺線「寺地町」駅より歩いて7分。堺には本当に多くの老舗和菓子屋があるのだな〜驚きます。

昔より“大寺さん”と呼ばれた神社がいまも存在し、お店から徒歩20分にある“開口神社”のことを指します。 境内にて参拝客にあんころ餅や、きなこ餅を販売していたことに由来するそうで、古くから地域の方々に親しまれた様子が伺えます。

与謝野晶子も愛した、大寺餅(あんころ餅)(きなこ餅)

看板商品であり堺名物である大寺餅。 あんころ餅、きなこ餅の6個入にしてみました。 餅つきをしている絵柄もかわいらしいです。

箱を開けるとまず、きなこの香りがふわ〜っと広がり嬉しくなります。 あんころ餅を箱から持ち上げると・・びっくりするほど柔らかい。気を抜くと形が崩れそうなくらいです。

そして一口食べたときの衝撃。柔らかすぎて歯がいらないってこのことか!! おもちを食べた中で、人生で初めて体感するほどの柔らかさ。

与謝野晶子も幼少のころよく食べていたそう。 お土産に買って来るときには「他のものはいらないからこの大寺餅を」とこよなく愛されていたとのこと。 たしかに他のものがなくても大寺餅があればいい!というのは深く共感できるほど、納得の美味しさです。

中のおもちの方にも、ほのかに甘さが感じられ、こしあんが上品な口溶けでした。

きなこも香りがよく上質なものが使われているのだろうな、、とゆっくり味わいました。 お抹茶によく合います。

価格:550円(抜) あんころ餅・きなこ餅 6個入
日持ち:3日
販売期間:通年

羽二重餅がはみでる、もちもち最中

こちらの「もちもち最中」もとてもおいしそうで迷わず購入してしまいました。

羽二重もちがはみでるほど入っていて、食べた瞬間よもぎの香りがとてもいいです。

もちろん柔らかい羽二重餅ですが、もちもち・ぷにっと少し弾力を感じ、大寺餅との食感がまた違い、中のつぶあんは甘くてとても存在感がありました。

最中の香ばしさとマッチしていて、しあわせな時間を過ごさせてもらいました。

価格:220円(抜)
日持ち:7日間
販売期間:通年

他にもどらやき堺燈台もなか堺名物くるみ餅などもあり、もしかして堺の銘菓がこちらのお店でたくさん買えるのでは!と新たな発見。 色々な商品に手を伸ばしてしまいそうでしたが、ぐっとこらえ次回の楽しみにしたいと思います。

400年余り愛される銘菓。人生で何回でも食べたい!!と思う和菓子でした。


お店情報

住所:堺市堺区少林寺西4−1−27

営業時間:9:30〜17:30

定休日:火曜日(祝日の場合は翌日・臨時休業あり)

アクセス:南海本線「堺」駅 徒歩10分

     阪堺線 「寺地町」駅 徒歩7分


自宅で抹茶を点てる方法(まとめ 5選) 初めてでも気軽に抹茶は点てられる♪
ティータイムが大好きな私は、自宅でお抹茶をいただくことで「心がほっと落ち着く」自分だけの時間を過ごしています。抹茶を楽しむことのメリットはたくさん。日々のストレスを解消!自宅にいながらにして、“非日常的な空間“を味わえる好

コメント

タイトルとURLをコピーしました