【小寒】七草粥と鏡開き 《 1月5日頃 》

日本の こよみ
スポンサーリンク

年が明けおめでたい日が続きますが、冬の寒さが一層厳しくなる頃です。


スポンサーリンク

日本の暦を愉しむ

小寒とは?

寒の入り」と言われ、この日を境に寒さが最も厳しくなってきます。

小寒の始まる日から、大寒が終わる日までの一ヶ月を「寒の内」と言います。この間に出すのが寒中見舞いです。

寒があければ立春です。


七草粥をいただき無病息災を願う

1月7日は五節句のひとつである「人日の節句」です。

お粥を食べる風習は平安時代よりはじまりました。

「春の七草」を使うのが一般的ですが、七草が使われるようになったのは鎌倉〜室町時代のころです。

1月7日に七草粥を食べることが定着したのは江戸時代からと言われています。

《春の七草》

  • せり
  • なずな
  • ごぎょう
  • はこべら
  • ほとけのざ
  • すずしろ(大根)
  • すずな(蕪)

凍てつく大地から芽生える若菜には神の力が宿るとされ、これを食せば無病息災で冬をこせるとされていました。

お正月にお酒やごちそうを食べたあとにいただく七草粥。

刻んで塩で味付けするシンプルで胃にやさしい料理です。

人が人を大切に思う日。五節句のトップバッターにふさわしいですね。

鏡開きでお餅をたべよう

年中行事でもある「鏡開き」は、お供えしていた鏡もちを食べる行事です。

1月11日に行われます。

切腹を連想させるため刃物は使わず木槌などを使います。

餅を「割る」は年明けに縁起が悪いとされ末広がりである「開く」という言葉が使われるようになりました。

《お餅を使ったレシピ》

  • おしるこ
  • 揚げ餅
  • お雑煮
  • 餅グラタン
  • 餅の揚げ出し風
  • 餅南蛮
  • 餅ピザ
  • 餅巾着

など、さまざまなアレンジレシピがあります。

鏡餅はカチカチに硬くなっています。調理前に天日で干すとほぐしやすくなります。


nanaco
nanaco

1月20日は「二十日正月」といい、正月の行事を終える節目の日になります。

小寒が過ぎるとお正月もおわりを迎えるころとなります。


にほんの暦とは? 
暦という言葉はよく聞くのに、説明するとなると少し難しいですよね。日本の季節は春・夏・秋・冬とおおまかに4つに区切られています。暦とは、そのひとつの季節をさらに6分割にしたものを指します。(二十四節気とも呼ばれる)に

おわりに

1月も中旬にさしかかればお正月気分も抜けてくるころ。

いつもの日常が戻ってきます。

寒の内でもあるこの時期は冬の寒さが厳しいため、体調にも気をつけなければなりません。

無病息災を願いながら1月7日には七草粥を食べ、1月11日には鏡開きをします。

できるだけ身体のあたたまるものを食べましょう。

みなさまが今年も一年健康に、穏やかに過ごせるよう願います。


つづいての季節はこちら

【大寒】 節分で豆まき、2021年方角は南南東 《 1月20日頃 》
1年で最も寒さが厳しくなる頃になりました。最後の冬の節気になりました。日本の暦を愉しむ大寒とは?1年で一番寒さが厳しくなります。各地で氷点下を記録するのもこの頃です。動植

コメント

タイトルとURLをコピーしました