【立春】 初午詣 春をつげる梅 《 2月3日頃 》

日本の こよみ
スポンサーリンク

寒さも峠を越え、自然界では少しずつ春に向かって動きはじめます。


スポンサーリンク

日本の暦を愉しむ

立春とは?

暦の上では春となりました。旧暦における一年の始まりです。

八十八夜や二百十日は立春が起点となります。


初午詣ではお稲荷様へ

2月最初の午の日を「初午はつうま」と呼びます。

全国各地の稲荷神社へ参拝し、商売繁盛・開運・家内安全を祈願することを「初午詣はつうまもうで」と言います。

nanaco
nanaco

かつての日本の日にちは十二支が割り当てられていました。

立春を1年の始まりとしていたため、2月最初の午の日が「初午」となります。

縁起物のお礼「しるしの杉」が初午の日限定で授与されるところもあります。

全国3万社にものぼる稲荷社の総本宮、伏見稲荷大社が有名です。

2023年の「初午」は2月5日です。

春をつげる梅の花

一年の中でもっとも早く咲く梅は、「百花のさきがけ」や「春告草はるつげぐさ」と呼ばれます。

紅白の美しい梅の花、ウグイスやメジロの姿がみられるのもこの時季の風物詩です。

「梅開早春」という言葉がありますが、「梅、早春開く」と読みます。

しかし禅の世界では、「梅、早春開く」と読みます。

「春が来たら梅が咲く」のではなく、「梅が咲くから春が来る」という考えです。

人間もどう生きるかで人生が決まる」ということの教えではないでしょうか。


にほんの暦とは? 
暦という言葉はよく聞くのに、説明するとなると少し難しいですよね。日本の季節は春・夏・秋・冬とおおまかに4つに区切られています。暦とは、そのひとつの季節をさらに6分割にしたものを指します。(二十四節気とも呼ばれる)に

おわりに

初午詣は奈良時代より伝わるもので、初午の日はもともと農作業が始まる日でした。

また1年の中で、最も運気が高まる日と言われています。

全国各地にある稲荷大社へ参拝に行かれるはいかがでしょうか。

そしてまだまだ風は冷たいですが、梅の花が開き春が来たとを感じることと思います。

梅まつりが行われる地域もあります。

美しい花と梅の香りを楽しめるのも、この時期ならではの楽しみです。


つづいての季節はこちら

【雨水】 女の子の成長を願うひなまつり 《 2月18日頃 》
寒い日が3日続くと暖かい日が4日続く「三寒四温」を繰り返し、春へと近づきます。日本の暦を愉しむ雨水とは?積もった雪が溶け始め、降る雪が雨に変わる頃です。山から流れ出す清らかな雪解け水によ

コメント

タイトルとURLをコピーしました