にほんの暦とは? 

日本の こよみ
スポンサーリンク

暦という言葉はよく聞くのに、説明するとなると少し難しいですよね。

日本の季節は春・夏・秋・冬とおおまかに4つに区切られています。

とは、そのひとつの季節をさらに6分割にしたものを指します。(二十四節気とも呼ばれる)

スポンサーリンク

にほんの暦

暦は古くから農業を中心とする、にほんでの生活に役立ててきたもので、農作物を作るときの重要な指標となっています。

私たちが生活に取り入れている「食」「行事」や、日々感じ取っている「天候」「動植物」の変化。

それらを知ると、先人たちが伝えてきた日本の文化が見えてきます。

nanaco
nanaco

小さな変化に気づくとその季節の出来事をより印象深くしてくれ、日本での暮らしがより豊かになることと思います♪

プロフィール  〜和菓子で、心が整う暮らし 〜


春 [ 2〜4月 ]・春の行事

二十四節気旬もの・動植物
立春りっしゅん】 2/4~/18頃
旧暦における一年の始まり。春の気配が感じられるころ。
ふきのとう・小松菜・わかさぎ・伊勢海老

梅・メジロ・うぐいす
雨水うすい】 2/19~3/4頃
雪が溶け始め、降る雪が雨にかわるころ。
山うど・菜の花・いちご・はまぐり

桃・たんぽぽ・ネコヤナギ
啓蟄けいちつ】 3/5~/19頃
冬ごもりしていた生き物が目覚めはじめるころ。
わさび・あさり・せり

カンヒザクラ
春分しゅんぶん】 3/20~4/3頃
春本番。秋分と同じく昼と夜の長さがほぼ同じになるころ。
玉ねぎ・にら

桜・つくし
清明せいめい】 4/4~/19頃
すべてが生き生きとし、清らかにみえるころ。
たけのこ・こごみ・春キャベツ

すずらん・つばめ
穀雨こくう】 4/20~5/4頃
めぐみの雨が畑を潤し、穀物の芽がでるころ。
ふき・たらの芽・わかめ

牡丹・藤

▶︎【立春】 ▶︎【雨水】 ▶︎【啓蟄】 ▶︎【春分】 ▶︎【清明】 ▶︎【穀雨】


春の行事

2/10 初午 2/8 針供養 

3/3 桃の節句 3/13 十三詣 3/21 春の彼岸

5/2 八十八夜 



夏 [ 5〜7月 ]・夏の行事

二十四節気旬もの・動植物
立夏りっか】 5/5~5/19頃
爽やかな晴れた日が増えるころ。夏のはじまり。
そら豆・らっきょう・新じゃが・真あじ

あさがお・桐の花
小満しょうまん】 5/20~6/4頃
木々や虫たちが太陽の光をあびて満ちてくるころ。
さやいげん・じゅんさい・さくらんぼ

紅花・ひなげし
芒種ぼうしゅ】 6/5~6/20頃
稲の植え付けが始まるころ。
みょうが・びわ

紫陽花・ほたる
夏至げし】 6/21~7/6頃
夏本番。 一年で最も昼が長く、夜が短くなるころ。
新生姜・シソ・あゆ・たこ

夏椿・アヤメ
小暑しょうしょ】 7/7~/21頃
梅雨があけますます暑くなるころ。 暑中見舞いをだします。 
鱧・スイカ・あわび

百日紅
大暑たいしょ】 7/22~8/6頃
最も暑さが厳しくなるころ。
きゅうり・枝豆・とうもろこし


▶︎【立夏】 ▶︎【小満】 ▶︎【芒種】 ▶︎【夏至】 ▶︎【小暑】 ▶︎【大暑】


夏の行事

5/5 端午の節句 5/15 葵祭

6/1 衣替え 6/11 入梅 6/21 夏至 6/30 夏越の祓え

7/1 祇園祭・富士山山開き 7/7 七夕 7/10 ほおづき市 7/15 お中元 7/20 土用入り 7/23 土用の丑

8/1 八朔


秋 [ 8〜10月 ]・秋の行事

二十四節気旬もの・動植物
立秋りっしゅう】8/7~/22頃
少しずつ秋の気配が感じられるころ。 残暑見舞いにかわる。
オクラ・冬瓜・かぼす

ひまわり
処暑しょしょ】8/23~9/6頃
暑さも峠を越し朝晩過ごしやすくなるころ。 台風に備える。
なす・いわし・ぶどう・イチジク・梨

ムクゲ・葛の花
白露はくろ】9/7~9/22頃
夜の冷え込んだ大気が梅雨となり朝の草花に露となり宿るころ。
さんま・かぼちゃ・すだち

菊・萩・鈴虫
秋分しゅうぶん】9/23~10/6頃
春分と同じく、昼と夜の長さがほぼ同じになるころ。 秋の彼岸の時期。
松茸・舞茸・里芋・サバ

金木犀・彼岸花
寒露かんろ】10/7~/22頃
夜に降りた露が冷たくなり秋が深まるころ。
栗・小豆・なめこ

リンドウ
霜降そうこう】10/23~11/6頃
北国では霜が降り始めるころ。 紅葉の時期。
鮭・りんご・しめじ・人参

紅葉・イチョウ

▶︎【立秋】 ▶︎【処暑】 ▶︎【白露】 ▶︎【秋分】 ▶︎【寒露】  ▶︎【霜降】


秋の行事

8/13 迎え盆 8/16 送り盆・五山の送り火  

9/1 二百十日 9/9 重陽の節句 9/10 十五夜 9/23 秋の彼岸

10/1 衣替え 10/17 神嘗祭   

11/9 酉の市   


冬 [ 11〜1月 ]・冬の行事

二十四節気旬もの・動植物
立冬りっとう】 11/7~/21頃
道端にも木々の枯れ葉が落ち冬の寒さが到来するころ。
銀杏・ネギ・牡蠣

椿・水仙
小雪しょうせつ】 11/22~12/6頃
雪が降り始め本格的な寒さがやってくるころ。
ふぐ・ほうれん草・大豆

柊・ヤツデ
大雪たいせつ】 12/7~12/21頃
冬本番。 山々は真っ白くまた平野にも雪が積もり動物が冬眠するころ。
新年に準備をはじめます。
白菜・大根・三つ葉・春菊・ひらめ

枇杷の花
冬至とうじ】 12/22~1/4頃
一年で昼が最も短く、夜が長い日から始まる冬本番のころ。
レンコン・柚子・黒豆

南天の実
小寒しょうかん】 1/5~/19頃
「寒の入り」と呼ばれ最も寒さが厳しくなるころ。
水菜・かぶ・しじみ・鱈

寒椿
大寒だいかん】 1/20~2/3頃
一年で最も寒さが厳しいころ。冬が終わる。
真鯛・ぶり・ごぼう

▶︎【立冬】 ▶︎【小雪】 ▶︎【大雪】 ▶︎【冬至】 ▶︎【小寒】 ▶︎【大寒】


冬の行事

11/15 七五三  11/23 新嘗祭

12/8 針供養  12/13 事始め  12/20 お歳暮  12/22 冬至  12/31 大晦日

1/1 元日  1/2 書き初め  1/4 御用始め  1/7 人日の節句  1/11 鏡開き  1/15 小正月  1/24 初地蔵

2/3 節分


「この季節、知っている」と感じることの積み重ね。

暦は中国から伝わってきたものですが、日本でも大切に受け継がれています。

あまり難しいことは考えずに「暖かくなり桜が綺麗に咲いてきた」「そろそろ紅葉が綺麗になる季節」と感じるだけでも、心を動かされるものです。

感動することの積み重ねは少しずつ自分のものになり、自分の中で育てた感情は誰にも取られることはありません

「私、この季節知っている。」と感じることが増える、それが歳を重ねるということのひとつなんだと思います。

日本の行事や食文化を取り入れることは私たちにとって、一番手軽なのに『一番贅沢なこと』かもしれません。


▼和の文化にご興味のある方は、ぜひご覧ください♪

和菓子の目次 (都道府県)
東京大阪京都兵庫
404 NOT FOUND | 和菓子と季節と。
自宅で抹茶を点てる方法(まとめ 5選) 初めてでも気軽に抹茶は点てられる♪
ティータイムが大好きな私は、自宅でお抹茶をいただくことで「心がほっと落ち着く」自分だけの時間を過ごしています。抹茶を楽しむことのメリットはたくさん。日々のストレスを解消!自宅にいながらにして、“非日常的な空間“を味わえる好

コメント

タイトルとURLをコピーしました