【芒種】 青梅をつかって季節をたのしもう! 《6月5日頃》

日本の こよみ
スポンサーリンク

稲の植え付けをする季節になりました。


スポンサーリンク

にほんの暦を愉しむ

芒種とは?

のぎ(稲の穂先にある針のような突起のこと)を持った植物の種をまく頃。

稲の植え付けがはじまる。

爽やかな初夏から、蒸し暑さを感じる梅雨に入ります。

梅をつかった、季節の手仕事

青梅の色がきれいに、鮮やかになる季節となりました。

香りもいい青梅を使って、「梅酒」や「梅ビネガー」を作ってみるのはいかがでしょうか?

昨年、初めて梅酒と梅ビネガーにチャレンジしてみました。

梅酒は浸けてから約6ヶ月ほど、梅ビネガーは約1ヶ月で美味しくいただけます!

梅酒の香りに癒されつつ、夏の暑さにはお酢の効いた梅ビネガーで頑張れますよ。

材料も少なく、簡単にお作りいただけます▼

6月 梅酒・梅ビネガーの作り方
6月の初めに、梅酒と梅ビネガーを作りました。nanaco初めてでしたが、簡単にできました!梅を活用して暑い夏を楽しく乗り切りましょう。梅酒準備として、瓶を綺麗に洗ってしっかり乾かしておいて下さい

幻想的に光る、ホタルをみる

みなさんは蛍の幻想的な光を実際にみたことはありますか。

蛍は清涼な水場を好みます。

「水が綺麗」・「水流が穏やか」・「餌であるカワニナが生息」・「暗く静か」であるところを好むようです。

都会の喧騒の中では、なかなか目にすることは難しくなってきていますが、ホタルの光はとても幻想的です。

じっくり見ようと近寄ってみると、光は消えてしまい、どこにいるかわからなくなってしまいます。

静かで暗く穏やかな場所を好む蛍の居場所、大切に守りたいものです。


にほんの暦とは? 
暦という言葉はよく聞くのに、説明するとなると少し難しいですよね。日本の季節は春・夏・秋・冬とおおまかに4つに区切られています。暦とは、そのひとつの季節をさらに6分割にしたものを指します。(二十四節気とも呼ばれる)に

まとめ

梅雨入り間近の蒸し暑いこの季節には、鮮やかに実った青梅が手に入るころです。

梅を使って季節の手仕事も楽しいですし、梅の力を借りて夏を乗り切るのはいかがでしょうか。

清涼な水辺が残る地域では、蛍の光で幻想的な光景がみられる場所もあります。

都会を離れて、自然に触れてみるのもいいかもしれません。


つづいての季節はこちら

【夏至って何?】お中元を贈る季節、夏越の祓え 《6月21日頃〜》
梅雨の真っ只中、気温が上がり本格的な夏がやってきます。にほんの暦を愉しむ夏至とは?一年で昼間が最も長く、夜が最も短くなるころ。この日を境に、太陽が出ている時間が短くなっていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました